2015年03月10日

中華人民共和国は”戦勝国”ではない!もし、日本が謝罪するとすれば”中華民国政府=台湾”である

中国の王毅外相は8日に記者会見し
「70年前、戦争に負けた日本が、70年後に再び良識を失うべきではない」と言ったらしい。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150308/k10010008061000.html

そして、世界反ファシズム戦争と中国の抗日戦争勝利70年を記念する行事を開催するらしい。

-----------------------------------------------------------------------------------------

中国共産党は大いなる勘違いをしている!
日本のマスコミも大いなる勘違いをし、国民に誤った情報を提供しようとしている。
読者のみなさんにこの誤った情報をただしておこう。

■ 今の中国=中華人民共和国は”戦勝国”ではない

日本は”ポツダム宣言”を受諾し、戦争が終結した。

このポツダム宣言はどの国と行ったものかご存知だろうか?

残念ながら日本の義務教育や高等教育において、戦中から終戦の流れを正確に教えてくれていない。

■ポツダム宣言は米英支三国共同宣言ともよばれている。
米=アメリカ
英=イギリス
支=中国

大体、義務教育の中では中国としか教えてもらえていないのだ。

1945年時点で中国とはどこの国だったかご存知か?

この時の中国=中華民国であり、今の台湾なのだ!

それは詭弁だと言う輩もいるかもしれないが、
中華人民共和国の歴史は1949年の毛沢東から始まったに過ぎない。

すなわち、今年2015年においては、わずか66年の歴史しかない。
中国4000年の歴史とか言っているが、正当な系譜は清王朝を引き継いだ中華民国である。

中華人民共和国は終戦後の1949年に発生した社会主義国であって、
そこには何ら”謝罪”や”反省”を要求する権利もないし、
日本はそこに対して”謝罪”や”反省”を行う義務も生じない。

また、1949年に発生した国は当然のことながら
戦勝国にはなりえない。

マスコミ諸君は、中華人民共和国=共産勢力の間違った考えを
流してはいけない。

そして、中華人民共和国(中共)がいくら抗日記念行事を開催しようとも

『あなた方は1949年、すなわち戦後に発生した国家であって、
 戦勝国でもなんでもない。戦勝国は台湾です。』と突っぱねればよい。

■チベットを侵略し、東トルキスタンを侵略し、
ウイグルを占拠している共産党勢力の方がよほど”ファシズム”であることを
胸に刻み反省する式典にすればよいだろう。
安倍首相は、仮に招待されたとしても
このようなファシズム共産国家の式典に出る必要性は全くない!

■「日本の現職の指導者は、真摯(しんし)に謝罪したことがない」とバカが言ってるらしいが

ふざけるな。これまで戦後日本が行ってきたODAをすべて返還してから言え!









posted by 日本皇學会 at 10:52| 東京 ☀| Comment(0) | 小中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月03日

朝日の対応は間違っている

なぜ朝日新聞は文春と新潮の雑誌広告を掲載拒否した?
⇒ 自らに不都合な記事だからである。


なぜ朝日新聞は池上彰の連載を掲載拒否した?

⇒ 自らに不都合な記事だからである。

------------------------------------------引用ここから-------------------------------------------
朝日新聞社は28日、週刊文春と週刊新潮の9月4日号に掲載された慰安婦をめぐる特集記事に、朝日新聞社の名誉と信用を著しく傷つける内容があったとして、週刊文春の編集人と、週刊新潮の編集・発行人に対し、それぞれ抗議するとともに、訂正と謝罪を求めた。
--------------------------------------------引用ここまで------------------------------------------

朝日新聞の文面で一つ進歩したのは、これまで従軍慰安婦としていたところを慰安婦に改めたところだろう。

しかし、

■今の朝日新聞社に名誉はあるのか?

それは名誉ではなく、妙に左にねじまがったプライドではないのか?
中国にすり寄り、韓国にすり寄り、日本を貶めるのが君たちの名誉なのか?
それが君たちのプライドなのか?

朝日新聞社の名誉とはいったい何なのか?
全社員をあげて自問自答すべきである。

これだけの大問題でマネジメントが刷新されないのはいかがなものか?


■今の朝日新聞社に信用はあるのか?

サンゴに傷をつけた記事で信用を失い
従軍慰安婦で信用を失い
吉田調書で信用を失い・・・・

あなた方は読者からの信用を完全に失っている!

■全て事実ではないか?
・「朝日新聞『売国のDNA』」
・「『朝日新聞社』の辞書に『反省』『謝罪』の言葉はない!」
・「 1億国民が報道被害者になった『従軍慰安婦』大誤報!」

■新潮の広告掲載拒否経緯
新潮社は、J-CASTニュースの取材に対して広報宣伝部の担当者が経緯を明かした。
担当者によると、毎週火曜日に「審査原稿」と呼ばれる広告原稿を朝日側に提出し、審査で表現に修正を求められて「黒塗り」原稿が掲載される際も、水曜日の昼には審査が終了して何らかの形で「決着」するという。
新潮側の説明によると、朝日側は肩見出しの「反省」の文言と、わき見出しの「長年の読者が見限り始めて部数がドーン!」という表現を問題視。慰安婦問題をめぐる報道ではすでに反省を表明しており、部数が減少している事実はないなどと主張したという。新潮側は見解の相違だとして修正を拒否したところ、新潮発売前日の水曜日、8月27日の夕方になって朝日新聞社広告局のメンバーが新潮社を訪れ、修正に応じなければ広告全体の掲載を拒否することを通告したという。

■知らないところで”朝日新聞”不買というムーブメントが起きている!!
http://matome.naver.jp/odai/2140931389289828801

既に、朝日新聞不買運動が各地で勃発している。
それはあなた方が日本の国益を大きく毀損させたことが原因である。



朝日新聞は一連の従軍慰安婦問題の捏造について
君たち左巻きの人たちが大好きな言葉で言うならば

『自己総括』しなければならない。

それが進歩的文化人としての使命だろう。





posted by 日本皇學会 at 09:10| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月13日

垂直尾翼が破壊されるほどの急減圧が起きているのにどうして乗客は遺書を遺せたのか?

8/12にフジテレビが放送した日本航空墜落事故の検証番組だが
重大な検証が抜け落ちている。

この番組では事故調査委員会の見解が
踏襲された形であり、確かに3つの衝撃音が解析されたという
事実は出たものの、それが圧力隔壁の破壊だったのか
飛翔物が衝突した際に生じた物なのかを
明らかにする証拠は出てこなかった。

なぜ今頃になって事故調査委員会から新しい証拠テープが出てきたのか?
それもオリジナルに近いとされる音源が・・・・

普通に考えれば外部要因で垂直尾翼が破壊されたとされる
『陰謀説』を打ち消したいがために事故調査委員会周辺から情報がもたらされたと
考えるべきであろう。

では、なぜ事故調査委員会は陰謀説を打ち消したいのか?

一つは当時の中曽根首相がまだ存命であること、
対中政策のために反自衛隊の世論が広がっては困ること
日米安保の体制を毀損するような情報が出ては困るということだ。

陰謀説の根拠となっているのは圧力隔壁は破壊されていなかったのではという
仮説に基づいている。破壊されたのは御巣鷹の尾根にぶつかった際ではないかという仮説。
つまりは”急減圧”は起きていなかったという考えに基づいている。

番組では残念ながら急減圧の有無については取り扱わなかった。
これを取り扱うと垂直尾翼の破壊が内部要因であるとする
事故調のロジックが崩れ去るからだ。

---------------------引用ここから---------------------

報告書がいうように、圧力隔壁が一気に破断し 2〜3 平方メートル開口し、
客室内の空気が 5 秒間で全部抜けきってしまい、飛行中の
24000 フィート(7315 メートル) 上空の気圧と同じになったとしたら、その減圧は人体
に対して極めて深刻な状況をもたらし、とても
落合さんが証言したような「耳は、痛くなるほどではなく、ツンと
詰まった感じ」などという悠長な状況ではあり得ない。 (1-3-B に戻る) 
高度 24000 フィート (7315 メートル) の上空では気圧が地上の 39 % 程度になり、このような急激な減圧を受けた場合、人体には、耳だけではなく、鼻(副鼻空の空気の膨張による
出血(鼻血)と激痛)、呼吸器系(息が詰まる感じ 及び激しい咳)、
消化器系(腸内のガスが膨張し、おならとなるが、場合によっては、激しい腹痛を感じ
る)、循環器系(血液中に解けている空気が気泡となり血栓を作る)、
循環器系の異常に伴う中枢神経の異常(意
識障害 等)等の症状が起こる。 これらのことは医学の常識であり、私達の常識にも叶うものです。

http://sky.geocities.jp/joggle_joggle/Main1.html

生存者の落合さん(非番の客室乗務員)の証言、それにボイスレコーダーも圧力隔壁がそんな勢いで吹っ飛んだと証明していません。もし、それがあるなら、間違いなくボイスレコーダーに残っているはずです。

 具体的には機内に、「急減圧」の有無が非常に重要な論点となっていましたが、結論として急減圧はなく、後部圧力隔壁の破損もなかったと思えます。

-------------------引用ここまで-------------------------

本当に圧力隔壁が破壊され急減圧が起きたとすれば
以下のようなことが機内で発生して然るべきであり
遺書にもその記述がみられるべきなのである。

http://www.jalcrew.jp/jca/public/123/pub_123saityousa2.htm


こうしたことが生存者から聞かれない
あるいは大半の人が遺書を書けるだけ脳が働いて
いたところを見ると墜落時まで圧力隔壁は破壊されていない、
すなわち墜落の直接の原因は外部要因である可能性が
濃厚となってきた。




posted by 日本皇學会 at 14:22| 東京 ☀| Comment(0) | 国政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。