2011年10月21日

天安門事件の真実 



六四天安門事件(ろくしてんあんもんじけん)とは、
1989年6月4日に、同年4月の胡耀邦の死をきっかけとして、
中国・北京市にある天安門広場に民主化を求めて集結していた学生を中心とした
一般市民のデモ隊に対し、中国人民解放軍が武力弾圧(市民に向けての無差別発砲や
装甲車で轢き殺した[1][2]との報告がある)し、多数の死傷者を出した事件である。

この出来事は、抗議者からの異議を寛大に取り扱っていた胡耀邦の死がきっかけとなった[3]。
胡耀邦の葬儀までに、10万人の人々が天安門広場に集まった[4]。抗議運動自体は、胡耀邦の死の4月15日から続いていた。統一がなされておらず、指導者もいなかった抗議の参加者の中には、中国共産党の党員、トロツキスト、通常は政府の構造内部の権威主義と経済の変革を要求する声[5]に反対していた改革派の自由主義者も含まれていた。デモは最初は天安門広場で、そして広場周辺に集中していたが、のちに上海市を含めた中国中の都市に波及していった。1989年6月の初頭、中国人民解放軍は軍隊と戦車で北京の通りに移動して実弾を発射し、天安門前を一掃した。ニューヨーク・タイムズのニコラス・D・クリストフ (en:Nicholas D. Kristof) は「正確な死亡者数は、おそらくは分かっていないだろう。そして、数千の人間が証拠を残すことなく殺されたかもしれない。しかし、今現在入手できる証拠に基づけば、400人から800人の民間人と一緒に、およそ50人の兵士と警官も殺されたことは確かなようだ」という"[6]。

衝突のあと、中国当局は広範囲に亘って抗議者とその支持者の逮捕を実行し、自国の周辺でのほかの抗議も厳重に取り締まり、外国の報道機関を国から締め出し、自国の報道機関に対しては事件の報道を厳格に統制させた。天安門広場に集まった抗議者たちに対して公然と同情した総書記の趙紫陽(当時)は共産党から追放され、数人の高級党員の監視による自宅軟禁下に置かれた。

通常、「天安門事件」という場合はこの事件を指す。中国においては1976年4月5日に周恩来が死去したときに発生した四五天安門事件(第一次天安門事件)と区別して「第二次天安門事件」とも呼ばれる。

抗議者に対する中国共産党政府による武力弾圧に対しては、広範な国際的非難が集まった[5]。ソビエトの公文書によれば、ソ連共産党政治局が受け取った情報報告では「3000人の抗議者が殺された」と見積もられている[7]が、正確な犠牲者数については分かっていない。
posted by 日本皇學会 at 22:31| 東京 ☁| Comment(0) | 小中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。