2012年04月27日

危険!子供に『毎日小学生新聞』を読ませるな!!!

毎日新聞は、例の変態記事で一躍有名になった新聞である。
それはさておき、この署名入りの記事は聞き捨てならない。
左翼丸出しの記事である。

こんな危険な毎日小学生新聞を読んではいけない!!
学校でも購読してはいけない!!

---------------------------------引用ここから-----------------------------------------
ニュースな歴史館:古代の北朝鮮は進んでいた
毎日小学生新聞 2012年04月13日

 東京芸術大学(とうきょうげいじゅつだいがく)のチームが2月(がつ)、北朝鮮(きたちょうせん)にある世界文化遺産(せかいぶんかいさん)「高句麗古墳群(こうくりこふんぐん)」の古墳(こふん)の壁画(へきが)を独自(どくじ)のデジタル技術(ぎじゅつ)を使(つか)って、世界(せかい)で初(はじ)めて原寸大(げんすんだい)で復元(ふくげん)したというニュースがありました。

 北朝鮮(きたちょうせん)と言(い)えば、「人工衛星(じんこうえいせい)」と言(い)いながら実際(じっさい)は軍事(ぐんじ)ミサイルの実験(じっけん)を行(おこな)うのではないか……と疑(うたが)われている怪(あや)しい国(くに)のイメージがあります。しかし、こうした不可思議(ふかしぎ)な国(くに)になったのは第二次世界大戦後(だいにじせかいたいせんご)のこと。しかも、日本(にっぽん)の戦前(せんぜん)の支配(しはい)も原因(げんいん)の一(ひと)つでした。

 紀元(きげん)3〜5世紀(せいき)ごろに全盛(ぜんせい)を迎(むか)えた「高句麗王朝(こうくりおうちょう)」のころは、日本(にっぽん)よりもはるかに進(すす)んだ文明国家(ぶんめいこっか)があり、仏教(ぶっきょう)などの宗教(しゅうきょう)、学問(がくもん)の中(なか)には当時(とうじ)、高句麗(こうくり)を経(へ)て中国(ちゅうごく)から伝(つた)えられたものもあります。

 復元(ふくげん)された壁画(へきが)は、切手(きって)などでも知(し)られる飛鳥時代(あすかじだい)の高松塚古墳(たかまつづかこふん)(奈良県明日香村(ならけんあすかむら))の美(うつく)しい壁画(へきが)とそっくりなのが分(わ)かるでしょう。当時(とうじ)の日本(にっぽん)は高句麗(こうくり)の美(うつく)しい文明(ぶんめい)をそのまま、コピペしながら輸入(ゆにゅう)し、やがて独自(どくじ)の文化(ぶんか)を生(う)み出(だ)していったのです。【森忠彦(もりただひこ)】

-----------------------------引用ここまで---------------------------------------------

まず、毎日新聞よ!

日本国の小学生には、正しい歴史を教えよ!!

北朝鮮が不可思議な国になったのは、戦前の日本支配が原因ではない。

中国共産党に入信し、スターリン型の独裁政治手法をまねた金日成の存在が
不可思議な国へと変貌させただけのことである。

バカを言うのも休み休みにせよ!

こんな新聞は不買じゃ!

不買せよ!!

日本国の子供に正しい歴史を学ばせない、ゆがんだ左翼め!!! 滅びるがよい!


posted by 日本皇學会 at 00:45| 東京 ☁| Comment(0) | 北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。