2013年10月08日

京都地裁不当裁判:在特会に1226万の支払いを命じる判決→抗議を受ける原因を作った朝鮮学校はたった10万の罰金のみ・・・

10/7に京都地裁で開かれた在特会が朝鮮学校に対して行った抗議活動が
人種差別と認定され1226万の損害賠償の支払いを命じる判決が下った。

この裁判では、在特会が行った行為が『ヘイトスピーチ(憎悪表現)』だとし、
在特会の街宣は人種差別撤廃条約が禁止する「人種差別に該当し違法」と認定し、
在特会側に1226万円の支払いと、学校周辺での街宣活動の禁止を命じた。

一方で学校の元校長も京都市が管理する公園を無許可で占用したとして、
都市公園法違反の罪で罰金10万円が確定している。

一連のこの裁判の報道を見ると、悪いのはヘイトスピーチを行った
在特会(在日特権を許さない市民の会)側であると感じるかもしれないが
抗議活動を受ける原因を作ったのは朝鮮学校側なのである。


では朝鮮学校はいったい何をしたのか?
彼らの学校は狭く、自前の校庭がない。
そこに道を挟んで隣接する
京都市南区にある勧進橋児童公園を50年以上にわたり京都市の許可なく不法占用し
児童公園にもかかわらず『サッカーゴール』や『朝礼台』はては『放送用スピーカー』も設置し
校庭として使用していたのだ。

それだけにとどまらない。

運動会などと称して市民の公園にも関わらず
公園内において無許可で飲食物酒の販売まで行うなど
やりたい放題を尽くしていたのだ。

50年以上にわたる占用だけでも、仮に年間の使用料が100万とすれば
5000万の罰金を払うべきことである。
それに利子を加えれば1億円ぐらいの罰金が妥当であろう。

にも関わらず京都地裁が下した判決結果はたった10万円の罰金である。



しかしながら在特会が上告するかどうかはわからないが1000万程度の損害賠償なら
寄付金でまかなわれるだろう。

なによりも大きな成果としては
1. 朝鮮学校の公園不法占拠を解決し、児童公園から朝礼台やゴールポスト、そしてスピーカーを
  撤去し、小さな子供たちが安全に公園で遊べるようになったことは大きな成果である。

2. さらに公園横にあった朝鮮学校は自らの不法占拠を恥じ、廃校する道を選んだ!
  在特会にとっては大きな成果であろうし、
  武士道で言うところの詰め腹、切腹を行った。ある意味潔いことであろう。

3. これまでこの種の問題は腫物のようなものでどのマスコミもスルーしてきた。
  それはなぜか?朝鮮関連の団体の不法を暴けば徒党を組んで襲ってくるからである。
  それに対し在特会はそうした問題が日本国内に多数あることを日本国民に気付きを与え
  それにより日本国民が問題意識を持つようになったことである。
  そのために1000万ほど損害賠償を支払うなら、対したことではない。

自らが行ってきた不法占有を棚に上げ、ヘイトスピーチと問題をすり替えるのは
彼らの常とう手段である。問題の本質を見誤ってはいけない。

posted by 日本皇學会 at 11:53| 東京 ☀| Comment(0) | 北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。