2014年09月03日

朝日の対応は間違っている

なぜ朝日新聞は文春と新潮の雑誌広告を掲載拒否した?
⇒ 自らに不都合な記事だからである。


なぜ朝日新聞は池上彰の連載を掲載拒否した?

⇒ 自らに不都合な記事だからである。

------------------------------------------引用ここから-------------------------------------------
朝日新聞社は28日、週刊文春と週刊新潮の9月4日号に掲載された慰安婦をめぐる特集記事に、朝日新聞社の名誉と信用を著しく傷つける内容があったとして、週刊文春の編集人と、週刊新潮の編集・発行人に対し、それぞれ抗議するとともに、訂正と謝罪を求めた。
--------------------------------------------引用ここまで------------------------------------------

朝日新聞の文面で一つ進歩したのは、これまで従軍慰安婦としていたところを慰安婦に改めたところだろう。

しかし、

■今の朝日新聞社に名誉はあるのか?

それは名誉ではなく、妙に左にねじまがったプライドではないのか?
中国にすり寄り、韓国にすり寄り、日本を貶めるのが君たちの名誉なのか?
それが君たちのプライドなのか?

朝日新聞社の名誉とはいったい何なのか?
全社員をあげて自問自答すべきである。

これだけの大問題でマネジメントが刷新されないのはいかがなものか?


■今の朝日新聞社に信用はあるのか?

サンゴに傷をつけた記事で信用を失い
従軍慰安婦で信用を失い
吉田調書で信用を失い・・・・

あなた方は読者からの信用を完全に失っている!

■全て事実ではないか?
・「朝日新聞『売国のDNA』」
・「『朝日新聞社』の辞書に『反省』『謝罪』の言葉はない!」
・「 1億国民が報道被害者になった『従軍慰安婦』大誤報!」

■新潮の広告掲載拒否経緯
新潮社は、J-CASTニュースの取材に対して広報宣伝部の担当者が経緯を明かした。
担当者によると、毎週火曜日に「審査原稿」と呼ばれる広告原稿を朝日側に提出し、審査で表現に修正を求められて「黒塗り」原稿が掲載される際も、水曜日の昼には審査が終了して何らかの形で「決着」するという。
新潮側の説明によると、朝日側は肩見出しの「反省」の文言と、わき見出しの「長年の読者が見限り始めて部数がドーン!」という表現を問題視。慰安婦問題をめぐる報道ではすでに反省を表明しており、部数が減少している事実はないなどと主張したという。新潮側は見解の相違だとして修正を拒否したところ、新潮発売前日の水曜日、8月27日の夕方になって朝日新聞社広告局のメンバーが新潮社を訪れ、修正に応じなければ広告全体の掲載を拒否することを通告したという。

■知らないところで”朝日新聞”不買というムーブメントが起きている!!
http://matome.naver.jp/odai/2140931389289828801

既に、朝日新聞不買運動が各地で勃発している。
それはあなた方が日本の国益を大きく毀損させたことが原因である。



朝日新聞は一連の従軍慰安婦問題の捏造について
君たち左巻きの人たちが大好きな言葉で言うならば

『自己総括』しなければならない。

それが進歩的文化人としての使命だろう。





posted by 日本皇學会 at 09:10| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。