2014年01月22日

お宮入りの様相

事件から1か月たちすっかりお宮入りの様相になってきた
京都の餃子王将社長銃殺事件。
なぜ大東社長は殺されたのか?冷静に分析してみよう。

なぜ銃殺だったのか?
人を殺す方法には色々ある。
事故に見せかけての暗殺や
自殺に見せかけての暗殺。
刃物を使った暗殺に爆弾を使った暗殺。
だが、今回は銃殺だった。
この殺し方にはメッセージがあるのではないだろうか?
つまりは”見せしめ”としての殺害である。

ヒットマンが登場する理由は?
世界的な常識として、個人的恨みでヒットマンを雇えるのは相当な資産家であろう。
組織の考えや意に沿わない人間を排除するために殺されたとすれば何らかの国家機関もしくは
そうした組織、経済マフィアの犯行とみるべきであろう。
当事者が手を下したのではなく、金で雇われたプロの犯行とみるべきである。
では、なぜ大東社長が殺されたのか?
それはズバリ『金』絡みの裏事情に端を発したとみるべきである。
おそらく数千万や5億以下の金ではない。
数十億、あるいは数百億の金が絡む話ではないだろうか?

飛松元刑事が現場に薬きょうを残したので
これは素人の犯行ではないか?と見立てをしていたが、
登録された拳銃、銃弾の使用ならば薬きょうを拾うかもしれないが
国際的なプロはそんなものは拾わない。
一刻も早く現場を立ち去るものである。
薬きょうに意味はない。
http://tobimatu.blog15.fc2.com/blog-date-201312.html

3.お宮入りになる可能性が高い理由は?
これは日本国内だけの話ではないということだろう。
またICPO(国際刑事警察機構)に加盟している190か国であれば
話は早いだろうが、そこに加盟していない
手出しの出来ない国が絡んでいると見るべきであろう。

4.サイレンサー付きの拳銃の意味
サイレンサーは軍用である。
これを入手使用できるということは然るべき
機関ないし組織の関与という事になる。

5.同時期に起きた事件といえば?
やはり北朝鮮No.2の突然の粛清であろう。
この事件と関連性があるかどうか検証はできないが、
ある種同じメッセージを感じる。
『いう事を聞かないと、こうなりますよ』と。

posted by 日本皇學会 at 11:47| 東京 ☀| Comment(0) | 北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

京都地裁不当裁判:在特会に1226万の支払いを命じる判決→抗議を受ける原因を作った朝鮮学校はたった10万の罰金のみ・・・

10/7に京都地裁で開かれた在特会が朝鮮学校に対して行った抗議活動が
人種差別と認定され1226万の損害賠償の支払いを命じる判決が下った。

この裁判では、在特会が行った行為が『ヘイトスピーチ(憎悪表現)』だとし、
在特会の街宣は人種差別撤廃条約が禁止する「人種差別に該当し違法」と認定し、
在特会側に1226万円の支払いと、学校周辺での街宣活動の禁止を命じた。

一方で学校の元校長も京都市が管理する公園を無許可で占用したとして、
都市公園法違反の罪で罰金10万円が確定している。

一連のこの裁判の報道を見ると、悪いのはヘイトスピーチを行った
在特会(在日特権を許さない市民の会)側であると感じるかもしれないが
抗議活動を受ける原因を作ったのは朝鮮学校側なのである。


では朝鮮学校はいったい何をしたのか?
彼らの学校は狭く、自前の校庭がない。
そこに道を挟んで隣接する
京都市南区にある勧進橋児童公園を50年以上にわたり京都市の許可なく不法占用し
児童公園にもかかわらず『サッカーゴール』や『朝礼台』はては『放送用スピーカー』も設置し
校庭として使用していたのだ。

それだけにとどまらない。

運動会などと称して市民の公園にも関わらず
公園内において無許可で飲食物酒の販売まで行うなど
やりたい放題を尽くしていたのだ。

50年以上にわたる占用だけでも、仮に年間の使用料が100万とすれば
5000万の罰金を払うべきことである。
それに利子を加えれば1億円ぐらいの罰金が妥当であろう。

にも関わらず京都地裁が下した判決結果はたった10万円の罰金である。



しかしながら在特会が上告するかどうかはわからないが1000万程度の損害賠償なら
寄付金でまかなわれるだろう。

なによりも大きな成果としては
1. 朝鮮学校の公園不法占拠を解決し、児童公園から朝礼台やゴールポスト、そしてスピーカーを
  撤去し、小さな子供たちが安全に公園で遊べるようになったことは大きな成果である。

2. さらに公園横にあった朝鮮学校は自らの不法占拠を恥じ、廃校する道を選んだ!
  在特会にとっては大きな成果であろうし、
  武士道で言うところの詰め腹、切腹を行った。ある意味潔いことであろう。

3. これまでこの種の問題は腫物のようなものでどのマスコミもスルーしてきた。
  それはなぜか?朝鮮関連の団体の不法を暴けば徒党を組んで襲ってくるからである。
  それに対し在特会はそうした問題が日本国内に多数あることを日本国民に気付きを与え
  それにより日本国民が問題意識を持つようになったことである。
  そのために1000万ほど損害賠償を支払うなら、対したことではない。

自らが行ってきた不法占有を棚に上げ、ヘイトスピーチと問題をすり替えるのは
彼らの常とう手段である。問題の本質を見誤ってはいけない。

posted by 日本皇學会 at 11:53| 東京 ☀| Comment(0) | 北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

北朝鮮の正論に驚いた 

全くもって本質を突いていますね。
いやいや”無慈悲な指摘”です。

北朝鮮 飯島氏訪朝巡り韓国非難
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130518/k10014668011000.html

----引用ここから----
飯島勲内閣官房参与の北朝鮮訪問に韓国が懸念を表明したことについて、北朝鮮は「どこの国の誰がどこへ行こうと第三者があれこれ言うことではない」と非難し、南北対話の糸口をつかみたい韓国に揺さぶりをかけるねらいがあるとみられます。

小泉元総理大臣の政務秘書官を務めた飯島勲内閣官房参与は、今月14日から北朝鮮のピョンヤンを訪問して指導部のメンバーらと会談し、17日夜、経由地の中国・北京に戻りました。
今回の飯島氏の北朝鮮訪問を巡って韓国政府は16日、国際社会が北朝鮮への対応で緊密に連携することが重要だとして懸念を表明しました。
これについて北朝鮮は、17日国営のウェブサイトに論評を掲載し「どこの国の誰がどこへ行こうと第三者があれこれ言うことではない。同じ民族のことなら何でも中傷する南の醜い本性の表れだ」と韓国を非難しました。
そのうえで「情勢が先鋭化しているときに、関係国が諸懸案を協議することはあらゆる意味でよいことだ」と強調し、中国が朝鮮半島の緊張緩和につながるとして飯島氏の北朝鮮訪問を肯定的に評価したことに言及しています。
北朝鮮としては、韓国と共同で運営するケソン工業団地の操業停止が続いているなかで、南北対話の糸口をつかみたい韓国に対し、日朝関係が先行していると印象づけ、揺さぶりをかけるねらいがあるとみられます。
----引用ここまで----
posted by 日本皇學会 at 01:46| 東京 🌁| Comment(0) | 北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。