2012年08月17日

藤村官房長官を更迭せよ!!

藤村 修は、

残念ながら内閣官房長官としてふさわしくない!!

即時更迭させよ!!



2012年2月22日、島根県主催の竹島の日記念式典に招待されるが出席を拒否した


東日本大震災追悼式では、約200億円の震災義援金を届けた中華民国(台湾)の代表者を各国や国際機関の代表と離れた2階席に案内し献花を許さなかった

売国奴である。

『在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟』に所属する

頭の黒いネズミを追い出せ!!

こいつがいる限り、中国、韓国に対して国益を守る外交姿勢が取れない。



posted by 日本皇學会 at 09:29| 東京 ☀| Comment(0) | 国政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月15日

韓国への適切な対応を望む!

首相官邸もようやく腰を上げたらしい。
このままだと選挙で戦えないからねぇ。

引用ここから---------------------------------------------
首相官邸では15日午後、野田首相が外務省の担当局長と韓国駐在の武藤大使から報告を受け、対抗措置も含めて対応を協議した。関係者は、韓国に対してとり得る対抗措置として、一時帰国中の武藤大使を「召還」とする可能性を指摘しているが、外交停止につながる重大な措置だけに、政府は慎重な姿勢を見せている。
そこで、藤村官房長官は会見で、すでに発効している日韓の通貨スワップ協定の見直しも検討対象とする考えを示したほか、首脳や閣僚の交流の停止、日韓で交渉中の自由貿易協定や、軍事情報に関する協定の交渉凍結なども検討の対象とされる見通し。
また、国会で李明博(イ・ミョンバク)大統領の発言を非難する決議を行うことも模索されているが、いずれも韓国に直接的に大きなダメージを与えるものではないのが実情となっている。
ただ、ここで対応を間違えれば、韓国に誤ったメッセージを送り、さらに対日強硬姿勢をエスカレートさせかねないため、思い切った強い措置が必要といえそう。
引用ここまで-----------------------------------------------------

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00229580.html

当ブログでも触れた通貨スワップ協定見直しも検討対象に入ったことは誠に素晴らしいことである。

手助けをした人から侮辱を受ける覚えはない。
2009年に日本政府が韓国を助けてなければ、あの国はデフォルトで飛んでたんですよ。

ここで適切な対応をしてこそ真の外交と言える。

言葉は悪いけどね

チンピラ(韓国)に脅かされてる金持ちのボンボン(日本)みたいなもんですよ。

ボンボンの外務省諸君
外交の基本は相手が嫌がることをすることである。
嫌われ役に徹することが職務を全うすることである。
派閥争いや組織内で戦うのではなく、
日本の国益を考え戦ってくれ!




posted by 日本皇學会 at 23:43| 東京 ☁| Comment(0) | 国政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

民主党に国を預けるとこうなる・・

これが事実であるとすれば、
民主党に国を運営させてはならない。

そもそも事業仕分けより、公務員給与引き下げ、議員定数引下げを先にすべきだろう。

事業仕分けによって経済がさらに悪くなっていっている。
民主党の暴走を止めなければならない!!

posted by 日本皇學会 at 17:17| 東京 ☀| Comment(0) | 国政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。